髪の毛が生えてくる成長因子(グロースファクター)の機能とは?

発毛剤の成分の中でも最近注目されているのが成長因子(グロースファクター)です。

 

耳慣れない言葉かもしれませんが、多くの発毛剤が活用している物質です。

 

成長因子(グロースファクター)によって影響を受けた毛母細胞が活性化して、髪の毛が生えやすい状態になる、と言われているのです。

 

こちらでは成長因子(グロースファクター)は、どのように髪の毛に栄養を与えるのか、といったことをお話させてもらいますね。

 

 

■専門家も認めた!成長因子(グロースファクター)に注目位した発毛剤は効果が高い!

 

・市販されている発毛剤の治療効果・・・数%程度
・成長因子(グロースファクター)を利用した発毛治療・・・50%以上

 

Dr.アーメッド医学博士が述べていることですが、市販されている発毛剤にはほとんどの方が効果を感じられません。

 

一方で、成長因子(グロースファクター)を利用した発毛剤であれば、半数以上の人に効果があることがわかっているのです。

 

薄毛治療に抜群効果を発揮する、とも述べているわけです。

 

ただし、今までの成長因子(グロースファクター)治療は発毛クリニックなどで行われている注入治療に限定されていたのです。

 

頭皮に直接、成長因子(グロースファクター)を打ち込みます。

 

効果は高いのですが、問題はお値段です。

 

安くても1回あたり数万円、高いと1回あたり10万円から20万円程度するのです。

 

しかも、1回だけでは良い効果が得られません。

 

5回から6回、中には10回程度行わなければなりません。

 

結果的に100万円を超えて、200万円近くかかる例もあります。

 

しかし、発毛剤に含まれることで、1本あたり10,000円程度で利用できるようになりました。

 

頭皮からでも、成長因子(グロースファクター)は浸透する、とされているので高い効果が期待できるわけです。

 

そこで考えなければならないのが、成長因子(グロースファクター)そのものの発毛効果です。

 

 

■成長因子(グロースファクター)に期待できる発毛作用とは?

 

・頭髪の細胞を活性化する

 

細胞が活性化すると、細胞分裂を活発に行います。

 

髪の毛の成長が格段に早くなるのです。

 

また、髪の毛が太く成長する、といった効果についても認められています。

 

そもそも、薄毛になる人は、頭髪の細胞が弱っているケースが極めて多いのです。

 

頭髪の細胞を覚醒させるためにも、成長因子(グロースファクター)を積極的に利用しましょう。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓