ジフェンヒドラミンHCは頭髪にどんな働きをするのか?

薄毛を治すために発毛剤はあるわけです。

 

30種類や40種類の有効成分が含まれている発毛剤もあるわけですが、その成分一つ一つを把握している人はあまりいませんよね。

 

こちらでは、「ジフェンヒドラミンHC」と呼ばれる成分について詳しく解説します。

 

果たしてどんな機能があるのでしょうか。

 

 

■ジフェンヒドラミンHCの炎症抑制効果

 

・頭皮の炎症を抑えてくれる

 

頭皮に炎症が起こってしまうと、髪の毛は成長が阻害されてしまいます。

 

血液の流れに問題が起こってくるからです。

 

炎症が起きてしまうと、その部位に内出血が起こってしまうわけです。

 

頭髪に正常に血が回らなくなってしまいます。

 

そこでジフェンヒドラミンHCの出番となります。

 

ジフェンヒドラミンHCには、ヒスタミンの働きを防ぐ、といった効果があります。

 

ヒスタミンはアレルギーにも関わっている成分ですが、炎症をこす原因物質でもあるのです。

 

そのヒスタミンの力を抑制することができれば、炎症が起きにくくなるわけですよね、アレルギー症状も起こりにくくなります。

 

結果的に頭皮環境が正常化して、髪の毛が生えやすい状態が作り出せるわけです。

 

 

■ジフェンヒドラミンHCの血行促進効果

 

・栄養を頭髪におくりやすくなる

 

ジフェンヒドラミンHCの発毛効果として注目して欲しいのが、結構の促進効果です。

 

医薬発もう成分のミノキシジルも、血行促進作用があることでも知られています。

 

その血行促進作用と同じような機能がジフェンヒドラミンHCにも認められているのです。

 

頭皮に塗布することで、髪の毛に栄養が送られるようになります。

 

栄養が豊富になれば、それだけ太い毛が生えてきやすくなる、といった効果を生むわけですよね。

 

毛が細くなっていたり、成長が遅くなっている、といった方は、髪の毛に栄養不足が起こっている可能性が高いです。

 

積極的にジフェンヒドラミンHCを活用しましょう。

 

 

■ジフェンヒドラミンHCは薄毛の特効薬と足りえるか?

 

・併用に適した成分である

 

ジフェンヒドラミンHCは単体では効果を発揮するのは難しいです。

 

育毛に効果がないわけではありませんが、効果としては限定されてしまっているのです。

 

単体では作用が弱い、とされているのも事実になります。

 

そこで、他の成分と併用することをおすすめします。

 

ジフェンヒドラミンHCは血行促進から頭皮環境の改善など幅広い効果があります。

 

ですから、血行促進に特化した成分や、頭皮環境改善に特化した成分と併用するわけです。

 

双方の機能を高め合って相乗効果のようなものがえられる可能性も少なくありませんよ。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓