夏が怖い!汗かきは薄毛になる原因を調べてみた

薄毛と汗かきには密接な関係性があると言われています。

 

汗かきの人がかならずハゲるわけではありませんが、危険性が高いことは事実です。

 

こちらでは、汗かきが薄毛になってしまう原因を徹底的に調査してみました。

 

 

■汗が雑菌の繁殖を手助けしてしまう

 

・湿気に群がる雑菌たち

 

我々の肌の上にはたくさんの菌がいます。

 

その菌の量が一定の範囲内であれば、大きな問題になることはありません。

 

しかし、必要以上に多くなると、ニキビや湿疹といった状態を産んでしまうのです。

 

その湿気たちが餌としているのが、我々の皮脂や汗なのです。

 

皮膚の上に皮脂や汗が大量に分泌されてしまうと、それを餌にして大量に繁殖してしまいます。

 

皮膚が大きな負担を感じ、結果的に炎症が引き起こされてしまうのです。

 

コレは頭皮でも同じことです。頭皮湿疹ができやすい人は、皮脂が多いケースや汗っかきであるケースが殆んどになります。

 

もちろん汗には、プラスの作用もありますよ。

 

毛穴の奥に詰まってしまった皮脂を毛穴から押し出してくれるのです。

 

しかし、頭皮の上にそのままにしていたら、押し出された皮脂も頭皮の上でそのままですよね。

 

そこで雑菌がまた繁殖してしまうのです。

 

 

・どうすれば雑菌が繁殖しなくなるのか?

 

定期的に汗を拭いてください。

 

顔に流れてきた汗はしっかりとタオルで拭くと思うのですが、頭皮の中はそのままにしていますよね。

 

その頭皮の中の汗も、タオルで拭くのです。

 

面倒に感じるかもしれませんが、特に夏場は頭皮を服用のタオルを持ち歩きましょう。

 

思った以上に、夏のあなたの頭皮は湿っているものですよ。

 

 

■毛穴に汗が詰まってしまうこともある!

 

・ホコリと交じり合って頭皮をコーティングしてしまう

 

頭皮にはホコリ等もたくさんあります。

 

汗だけであれば、サラサラと流れ出ていきますが、ホコリとともに頭皮にとどまってしまうこともあるのです。

 

ホコリと頭皮が混ざり合ってしまうと、頭皮をコーティングしている状態になります。

 

毛穴に覆いかぶさってしまうのです。

 

結果的に、当日にかいた汗や普段からある皮脂が蒸発しにくくなり、雑菌の温床となってしまうわけです。

 

 

・どうすればよいのか?

 

1日に1回はシャンプーをするのがお勧めです。

 

ホコリ等をしっかりと洗いがなしておくです。

 

ただ、1日2回や3回もシャンプーをしてしまうと、頭皮の皮脂が大量分泌されることも有るので、回数はなるべく制限してくださいね。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓