毎日8時間以上PCを使う人は薄毛になる可能性大

もはやパソコンを使うことは珍しいことでもなんでもありません。

 

一家に一台どころ二台や三台あることも多いのです。

 

そんなパソコンに薄毛の可能性があるのは知っているでしょうか。

 

実はかなり大きな問題んあることもあるのです。

 

こちらでは毎日8時間以上パソコンを利用している方に向けて、薄毛に関する情報を提供します。

 

 

■1日あたり8時間以上のパソコンの利用で薄毛を誘発してしまう理由

 

・ストレスの増大

 

パソコンで様々な作業をしていると、身体はじっとして動かないままです。

 

ストレスがたまっている状態になってしまうのです。

 

パソコンをしている時間帯はストレスが解消されることはないので非常に体には良くない状態になります。

 

ストレスは、血管を収縮させてしまう、といった非常に良くない症状を発生させます。

 

血管が収縮するということは、血行が悪くないことを意味します。

 

しかも、全身に影響を与えてしまうのです。

 

頭皮に関しても、ストレスによって血管が収縮して血液が送られにくくなります。

 

結果的に、髪の毛に栄養が送られなくなってしまい、脱毛症が進行してしまうのです。

 

 

・目の酷使にも注意しよう

 

パソコンを長時間使っているということは、目を酷使している事にもなります。

 

目の疲れは、薄毛を招くことが分かっています。

 

目の疲れには、血行障害があります。

 

肩こりなどの症状がその例ですね。

 

さらに、システインといった物質が目の修復に使われるのです。

 

システインは、目の修復だけでなく髪の毛の生成にも利用される大事な物質です。

 

システインを目の修復に使われてしまうと、髪の毛の生成に回されなくなってしまい、薄毛を進行させます。

 

 

■どんなパソコンの利用方法が特に薄毛を進行させてしまうのか?

 

・ネットゲームが特に良くない!

 

ネットゲームをする時は、高い緊張状態にあるわけです。

 

対戦相手がいて、勝負するような内容が多いですよね。

 

ネットゲームをしてしまうと、その緊張状態が長時間続いてしまうのです。

 

ゲームをしている最中にも血管の収縮状態が継続してしまいます。

 

しかも、ネットゲームに関しては、1日あたり10時間以上行ってしまう方も少なくありません。

 

若者が特にはまりやすいわけですが、実際に若者にも薄毛が広がっている現状があります。

 

その理由にネットゲームが関わっていることは間違いありません。

 

中国の上海の病院においてネットゲームと薄毛の関係性を発表され、大きな話題になりました。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓