眼精疲労は薄毛に関係している!長時間のパソコン利用は注意せよ

近年注目され始めているのが、眼精疲労と薄毛の関係性です。

 

実は、目をよく使う方に薄毛が多いことが分かっています。

 

たとえば、長時間のパソコン利用やスマホ利用、ゲームが好き、といった方にも薄毛が多いのです。

 

こちらでは、どんな理由から眼精疲労で薄毛になってしまうのか、といったことについて詳しく解説します。

 

 

■眼精疲労は血行不良を招く

 

・眼精疲労→肩こり→肩や首周辺の血行が悪くなる

 

目を使った後は、肩が痛くなったり、首が痛くなったり、といったことは誰しも経験があると思います。

 

肩こりや首こりは、マッサージすると痛みやコリが和らぎますよね。

 

マッサージすることによって、血行が良くなることで症状が改善するということは、それらの部位に血行不良が起こっていることを意味しているのです。

 

薄毛と特に関連しているのが、血行不良なのです。

 

髪の毛に栄養を送っているのが血液だからです。

 

血液によって栄養が髪の毛に送られていることで、髪の毛は成長し続けることができます。

 

しかし、眼精疲労により肩こりや首こりの症状が起きてしまうと、頭皮に送られる血行が肩と首のあたりで弱められてしまいます。

 

髪の毛が栄養不足のような状況となってしまうわけです。

 

 

■眼精疲労はシステイン不足を起こしてしまう

 

・システインは目の修復と髪の毛の生成に利用される成分である

 

眼精疲労が起こると、多く消費してしまう物質があります。

 

それはシステインと呼ばれているものです。

 

目の修復をするときに消費される成分であり、非常に重要なものなのです。

 

眼精疲労が慢性化してしまうと、システインは目の修復ばかりに使われてしまいます。

 

ここで問題が発生するのが髪の毛の生成なのです。

 

実は、髪の毛の生成にもシステインは関わっています。

 

眼精疲労で目の修復ばかりにシステインを使ってしまうと、髪の毛の生成に足らなくなってしまいます。

 

その結果、髪の毛の生成が後回しにされてしまい、薄毛を招いてしまうのです。

 

 

■対策法とは?

 

・定期的に目を休めよう

 

1時間パソコンで作業をしたら15分間を休める、といったこともおすすめです。

 

ずっと継続的に目を使い続けると、目が疲弊してしまうのも当たり前ですよね。

 

また目の血行を良くするツボが目の周辺に有るので、そこを押してみるのもおすすめです。

 

 

・システインを補給する

 

サプリメントでシステインが販売されています。

 

サプリメントで継続的に補給してやることで、髪の毛の生成にもシステインがしっかりと利用されるようになりますよ。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓