納豆でふさふさになる理由を徹底的に調査してみた

食べ物によって髪の毛を生やす、といったことは簡単ではありません。

 

しかし、食べ物によっては薄毛予防に役立つこともあるのです。

 

こちらでは薄毛対策として、納豆に焦点を当ててみます。

 

実際に、納豆で薄毛対策ができるとされているのですが、その理由にはどんなものがあるのでしょうか。

 

 

■納豆に含まれるタンパク質に注目!

 

・髪の毛の主成分を摂取できる

 

髪の毛の主成分は何だと思いますか。実はタンパク質なんですよ。

 

タンパク質がアミノ酸によって結合されて、髪の毛として出来上がるわけです。

 

タンパク質不足の状態が長期化してしまうと、髪の毛が脆弱なものになってしまうかもしれません。

 

細いままだったり長く成長しなくなることもあるのです。

 

タンパク質ですが、お肉でも摂取できますよね。

 

実際に肉からタンパク質を摂取する、といった方法もないわけではありません。

 

しかし、カロリーも高いわけです。

 

健康を害してしまう可能性があります。

 

一方の大豆製品である納豆には、低カロリーで高タンパクと言った嬉しい特徴があるのです、多めに食べたとしても、特に健康を害するわけではありません。

 

育毛を達成するためには、健康を良い状態にしなければならないのです。

 

タンパク質を摂取するにも、質の良いタンパク質を摂取すべきですよ。

 

ちなみに、納豆だけでなく、豆腐も大豆製品です。

 

さらに、スポーツ選手が利用しているプロテインも大豆製品になります。

 

それらでも質の良いタンパク質を摂取できますよ。

 

 

■納豆に含まれる大豆イソフラボンに注目しよう

 

・イソフラボンには女性ホルモンに似た作用がある

 

納豆に含まれている成分の一つに大豆イソフラボンがあります。

 

イソフラボンといえば美容成分としても広く知られています。

 

女性用の美容サプリメントにも含まれているのです。

 

実は、女性ホルモンに似た作用があることでも知られています。

 

その女性ホルモンの働きが、育毛につながることがあるんですよ。

 

 

・女性ホルモンによる育毛関係の機能とは?

 

女性ホルモンには、髪の成長期間を伸ばす、といった特徴があります。

 

一般的な髪の毛の成長期間は2年から6年程度になります。

 

成長期間が終わると髪の毛は成長をストップし抜けるわけです。

 

そのサイクルに関わっているのが女性ホルモンです。

 

女性は妊娠時に髪の毛が抜けにくくなります。

 

それは女性ホルモンが増えているからなのです。

 

そして出産後はホルモン量が戻るので急に髪の毛が脱毛します。

 

産後脱毛と呼ばれる自然現象です。

 

このようにホルモンは髪の毛と密接に結びついています。

 

大豆イソフラボンには、そのホルモンをサポートする機能が期待できるのです。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓