薄毛とシャンプーの関係性|朝シャンはハゲるって本当なの?

朝にシャンプーをするとハゲる、と言われています。

 

それは事実です。こちらでは、なぜ朝にシャンプーをするとハゲてしまうのか、といったことをお話します。

 

もちろん、必ず薄毛になるわけではありません。

 

あくまで薄毛になりやすい環境を自分で作ってしまう、といったことになります。

 

 

■夜と朝の2回のシャンプーをしているケース

 

・皮脂を取り過ぎてしまう

 

薄毛を気にしている方は、皮脂をマイナスなものだと思っているケースが非常に多いです。

 

たしかに、皮脂が多すぎると頭皮に悪影響が出てしまいます。

 

ただし、夜もシャンプーをして朝もシャンプーをしてしまうと、皮脂がたくさん流されてしまいます。

 

殆ど頭皮上になくなってしまうのです。ここで二つのリスクが出てきます。

 

 

・乾燥肌になってしまう

 

1日に2回のシャンプーをすることで、乾燥肌になってしまいます。

 

皮脂を完全に取り除かれてしまった肌は、何も守るものがありません。

 

ちょっとした刺激でも皮膚が傷ついてしまう状況なのです。

 

乾燥肌は薄毛を招く肌質の一つでもあります。特に冬は乾燥しやすいので、冬の1日2回のシャンプーは避けてくださいね。

 

 

・かえって皮脂の大量分泌を招いてしまう

 

1日2回のシャンプーをすることで、皮脂がなくなる点は乾燥肌のケースと一緒です。

 

しかし、ここでそのまま乾燥してしまうのではなく、乾燥状態をどうにかしようと皮脂腺が活発に働くことがあります。

 

そうなると、かえって多くの皮脂が頭皮を覆ってしまうのです。

 

皮脂が頭皮を覆ってしまうと、それを餌にして多くの菌が繁殖します。

 

その結果、肌荒れを起こしてしまうのです。

 

 

■朝に1回の朝シャンをしているケース

 

・頭皮が汚いまま就寝してしまうのは危険

 

朝に1回しかシャンプーをしないと、頭皮が汚れたまま眠りについていることになります。

 

頭皮に皮脂がたくさんある状態で寝てしまうと、枕カバーなどに皮脂が大量についてしまいます。

 

そして菌も一緒に枕カバーに乗り移ってしまうのです。

 

結果として、枕カバーに菌が大量繁殖してしまい、寝るごとにたくさんの菌が頭皮に悪さをしている状態を作り出してしまうのです。

 

1日1回しっかりとシャンプーしているのに頭皮ニキビが出来る機会が多い、といった方は枕カバーに何らかの問題があるケースも少なくありません。

 

ちなみに、夜にシャンプーをしてから寝ている場合でも、枕カバーに問題が出てくることはあります。

 

定期的に枕カバーは取り替えてくださいね。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓