前頭部・頭頂部の薄毛を隠せるおすすめの髪型と注意点

薄毛になった時に困ってしまうのが髪型です。

 

どんな髪型をすればよいのか、頭を悩ませてしまっている方もいるのです。

 

こちらでは、薄毛を隠す髪型と薄毛を活かす髪型について調べてみました。

 

あなたがしてみたい髪型があったら試してくださいね。

 

 

■薄毛を隠す髪型について

 

・髪の毛を伸ばして、伸ばしたかみのけて薄い部分をカバーするのが基本

 

最もイメージしやすいのが、バーコードヘアですね。

 

男性型脱毛症は、側頭部の髪の毛は生え続けるわけです。

 

その髪の毛を薄くなってしまった部分をカバーします。

 

40代から60代にかけて多く行われている髪型の一つになります。

 

また、頭頂部ハゲの方は、オールバックのような髪型をしているケースも多いです。

 

頭頂部ハゲの方は、前頭部が薄くなるまでに時間がかかることもあります。

 

前頭部が薄くなるまでは、前頭部の髪の毛で頭頂部ハゲを隠す、といったことを行うわけです。

 

 

・好感を持たれないので要注意

 

薄毛を隠す髪型は、特に女性ウケが悪いです。

 

髪の毛が長いので、不潔に感じられてしまうわけです。

 

ただ、見た目年齢的には、薄いところがカバーされると多少は若く見える、といったメリットも有ります。

 

 

■薄毛を活かす髪型について

 

・かえって短髪にすると薄毛が目立たなくなることもある

 

そもそも短髪にすると、風にちょって髪が乱れる、といった心配をしないでも済むようになります。

 

薄い部分を気にしないことで、心理的な大きなプラスを得られます。

 

髪の毛が一定以上薄くなってしまうと、すべての角度から隠すのは難しくなってしまうのです。

 

だからこそ、ここは髪の毛を短くして自然なスタイルを構築するのがおすすめです。

 

 

・どんな髪型がおすすめなの?

 

ソフトモヒカンがおすすめです。

 

意外に思った方が多いかもしれませんね。

 

そんな髪型にしたら薄毛が目立ってしまう、なんて思ってしまうはずです。

 

しかし、ソフトモヒカンにはものすごく大きなメリットがあります。

 

サイドの髪の毛を短く刈り込みます。そして中央部分の髪の毛を少し長くするわけです。

 

なぜ薄毛が目立ってしまうのかといえば、前頭部から頭頂部にかけて薄いのに、サイドと後頭部が濃いからです。

 

その状態をソフトモヒカンによって逆転させるわけですよ。

 

サイドを薄くすることで、前頭部から頭頂部の髪の毛量が多く見えるようになります。

 

実際に、M字ハゲの方にも頭頂部ハゲの方にも似合う髪型なんですよ。

 

一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

どこからが薄毛なのだろうか?ハゲの定義について

薄毛というものは、統一的な見解があるわけではありません。

 

たとえば、自分が薄毛だと思っても、他人から見ると薄くは見えないこともあるのです。

 

こちらでは、大体ではありますが「ハゲの定義」につてお話します。

 

考え方が色々と有るので、あくまで一つの意見として捉えてもらえれば嬉しいです。

 

 

■毛穴の髪の毛の本数が少なくなってくる

 

・一般的な毛穴・・・2本から5本の毛が生えている
・薄毛になった方の毛穴・・・1本しか生えてこない

 

健康的な若い時の頭皮からは大量の髪の毛が生えています。

 

一つの毛穴から2本から5本の毛が生えているわけです。

 

一つの毛穴から1本しか生えていない、といった状態ではないのです。

 

しかし、薄毛が進行してしまうと、一つの毛穴から1本しか髪の毛が生えてきません。

 

その影響で、スカスカとなってしまって地肌が見えてしまうわけです。

 

 

■おでこの広さからハゲの定義を探る

 

【アンファーの調査結果より】
・おでこの広さが7センチ以上あると薄毛と思う男性・・・43%
・おでこの広さが7センチ以上あると薄毛と思う女性・・・46%

 

7センチくらいがハゲの境界線ということがアンファーの調査結果で発覚したのです。

 

ちなみに、女性は男性よりもかなり厳しい判断をしていることが分かりました。

 

おでこの広さが6センチの時点で42%の状態でも薄毛である、と判断しているのです。

 

おでこの広さですが、これは男性としては非常に厳しい結果と言わざるをえません。

 

実は、発毛対策や育毛対策をしても、前頭部の薄毛は非常に治りにくいことがわかっているのです。

 

厳しく見られてしまい、更に回復しづらいといった負のスパイラルに陥ってしまいやすいのが前頭部の薄毛です。

 

 

■女性の薄毛に対する意識調査にも注目しよう

 

ちょっと厳しい判定を見てしまったので、がっかりしてしまった男性も多いと思います。

 

しかし、女性は何も頭髪だけで男性を判断しているわけではありません。

 

実は薄毛の男性も評価しているのです。

 

たとえば、こんなアンケートがあります。

 

「薄毛でも好感度の高い男性の特徴は?」

 

このような質問に対して女性はどんな回答を示したのでしょうか。

 

・自信を持って堂々としている・・・60%
・清潔感がある・・・36%
・薄毛対策を前向きに行っている人・・・14%

 

仮に薄毛の定義に当てはまってしまった方であったとしても、女性から持てないわけではありません。

 

堂々としていて清潔感があり、薄毛にも前向きに対処していれば良いわけです。

日本人に多い前頭部の薄毛を調べてみました@発毛剤で対策出来るか

薄毛といっても、薄毛のなり方に関しては、かなりの個人差があるのです。

 

全体的に少しずつ薄くなる人もいれば、頭頂部から薄くなる人もいます。
他にも、前頭部から薄くなる人もいるわけです。

 

こちらでは日本人に多い薄毛の種類とその理由について発表します。

 

 

■最も多いのは生え際が後退押していくタイプ

 

・前頭部から薄くなるタイプが最も多い

 

日本人男性の多くは、前頭部から薄毛が進行していきます。

 

どんどんと薄毛の範囲が広がって、最後は頭頂部まで薄くなってしまうのです。

 

サザエさんでいうところの、波平さんの髪型になるわけです。

 

なぜ、前頭部から薄くなるのかといえば、男性型脱毛症だからです。

 

AGAと呼ばれる遺伝性の薄毛であり、「症」とついていますが、病気ではありません。

 

ただし、男性型脱毛症にもいくつかのタイプがあり、主に前頭部から薄くなり始めるタイプと頭頂部から薄くなり始めるタイプに分かれます。

 

頭頂部の薄毛に関しては、実際に発毛剤などで治りやすいとされています。

 

一方の、前頭部に関しては、発毛剤でも効かないことが多いとされているのです。

 

治りにくい薄毛のタイプが出ている方が多数、といった皮肉な結果となっているわけです。

 

 

・M字ハゲもこちらに分類される

 

こちらも前頭部から薄くなるタイプに分類されます。

 

こめかみの上の方から薄くなっていき、どんどんと薄い範囲を広げていく薄毛のタイプになります。

 

M字ハゲに関しても、治りにくい薄毛とされています。

 

しかし、最近の発毛剤の中には、M字ハゲ専用タイプも出てきており、今後はさらにより良いものが生み出されるかもしれません。

 

前頭部の薄毛に関しても、完全に治せる未来がすぐそこまで来ている、とも言われています。

 

 

■数はそれほど多くないが頭頂部から薄くなるタイプも一定数居る

 

・O型ハゲについて

 

海外では、頭頂部から薄くなる人はかなりいます。

 

しかし、日本人ではそれほど数が多くないのです。

 

隠そうと思えば隠せるので、もしかしたら少なく見えている、といったこともあるかもしれません。

 

前頭部の薄毛の場合はどうしても隠しようのないものとなっているので、やはりわかりやすいわけです。

 

ちなみにO型のハゲは発毛剤で治った事例が非常に多いのが特徴的です。

 

ただし、進行が進んでしまうと、効果が得られるまでに時間がかかってしまうので、少しでも早く発毛剤治療を実施してください。

 

薄くなったと思ったその時が、発毛剤利用を開始すべき時なのです。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓