ハゲてる人の頭に目が行ってしまう|薄毛と視線について

禿げている人の頭に視線が逝ってしまう、といったことはよくあると思います。こちらでは、薄毛と視線の関係性について詳しく解説します。

 

 

■薄毛の頭を見ているのは気づかれている

 

・視線には気をつけよう

 

禿げている男性の頭に自然がよく行ってしまう、という方も少なく無いと思います。

 

しかし、薄毛の男性への視線には注意しなければなりません。

 

あなたの視線の場所は、実はバレているんですよ。

 

同僚であったり友達であったりした場合は良いかもしれません。

 

しかし、営業先の相手であったり、上司の頭ばかり見ていると、嫌な思いをされてしまいます。

 

せっかくのビジネスも失敗してしまうかもしれないのです。

 

日本では薄毛に対してどうしても馬鹿にしてしまう風潮があります。

 

お笑いがその原因を作っているかもしれません。

 

そんな風潮があるからこそ、ある意味禿げている頭に視線を送るのはセクハラでもあります。

 

恨みに思われてしまうかもしれません。

 

言葉には出しませんが、あなたの視線で薄毛の男性を傷つけているかもしれないのです。

 

 

■薄毛の男性と話すときには視線はどこに持っていくべきか

 

・とにかく目をキョロキョロさせないこと

 

最初目を見ていたとしても、その視線が泳いでいると「おでこを見ている」、とかバレてしまいます。

 

目のやや下を見て話をするべきです。

 

そして、視線を不自然に上の方にしないでください。

 

何かおかしい、と感じ取られてしまうかもしれませんよ。

 

 

■なぜ人はハゲ頭を見てしまうのか?

 

・物珍しさがある

 

差別的な感じてみているわけではありません。

 

身の回りに薄毛の男性がいなかったりすると、物珍しさで見てしまうことがあるのです。

 

好奇心の一環としてみてしまうのと一緒かもしれません。

 

街中で、美女やイケメンとすれ違ったりすると見てしまいますよね。

 

もちろん声を掛けるわけでもありません。

 

綺麗だから、好みだから物珍しくて見てしまうわけです。

 

ここも薄毛の頭を見てしまう好奇心と、同じような心理が働いているわけです。

 

もちろん、普段よく禿げ頭を見ていたとしても、見てしまうことはあります。

 

シチュエーションにもよるのです。20代や30代など、まだ若いのに薄毛であると、どうしても人は好奇心にかられて頭を見てしまいます。

 

 

・ヨーロッパでは珍しくない

 

日本と海外では薄毛率が全く異なります。

 

ヨーロッパでは薄毛の男性は珍しくありません。

 

かえって一般的なことなのです。

 

マイナスで捉えられることは少なく、薄毛を武器にモテている男性もいるほどです。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓