ハゲてもかっこいいハゲメンになればオッケー!

渡辺謙さんって、薄毛だけどめちゃくちゃ格好いいですよね。

 

あの渋さに多くの女性が魅了されていることも事実です。

 

ハゲてもいい男になれる可能性は秘めているわけです。

 

こちらでは、ハゲても格好良くするための方法について詳しく解説します。

 

 

■不自然な髪型には絶対にしないこと

 

・かえって短髪にするのがおすすめ

 

薄毛の方がやってしまいがちなのが、髪の毛で強引に薄いところを隠す、といったことです。

 

非常に不自然極まりない髪型になってしまうこともあります。

 

よくありがちなのが、バーコードヘアですよね。

 

サイドの髪の毛を中央部まで持ってくるわけです。

 

さすがにそのような髪型で、女性にモテる、といったことは考えにくいです。

 

そこでおすすめしたいのが、短髪です。

 

「ハゲ頭を晒してしまうことになるだけ」と否定的に思う男性が多いかもしれません。

 

しかし、女性にとって身性に嬉しい髪型でもあるのです。

 

 

・短髪は清潔感がある

 

髪の毛が長い男性は、不潔なイメージが女性にはどうしてもあるのです。

 

薄毛で、しかも汚らしい、なんてイメージを持たれてしまっては、モテようがありません。

 

実際に多くの女性にアンケートを取ると、思った以上に短髪の男性に好意を持っていることがわかりました。

 

しかも、もともと女性の中には、男性の薄毛をあまり意識したことがない人もいるのです。

 

ですから、薄毛だから、なんて気にしないで、さっぱりと髪の毛を切っちゃったほうが良いかもしれませんよ。

 

 

■薄いことで渋い男になれる

 

・髪の毛のある男にはない「渋さ」を身につけよう!

 

男性の魅力の一つに「渋さ」はかかせません。

 

40代になると、単なる雰囲気の若い男はモテなくなります。

 

特に髪の毛が黒黒としていて多い男性は、いつまでたっても若く見られてしまい、同世代の女性から子供扱いされてしまうこともあるのです。

 

一方で、多少髪の毛が薄かったり、白髪が混じっていると、それだけでもダンディなイメージが出てくるのです。

 

40代になってくると、会社でもある程度出世してきますよね。

 

渋い雰囲気でまとめる、といったこともできるようになります。

 

さらに、渋さは若い女性をも惹きつける、といったこともお話しなければなりません。

 

同世代の子供な男性よりも、年上の渋い男性に「男」を感じる女性は昔から多いのです。

 

実際に、40代の男性が30代前半や20代の女性と職場結婚する、なんてことも多いんですよ。

 

薄毛だからといってモテることを諦めることはありません。

 

渋さで勝負をかけてみましょう。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓