ハゲてしまう人の性格のパターンを調べてみた

薄毛は基本的に遺伝であることは大前提です。

 

しかし、実際に薄毛になってしまう人の性格パターンも有るとされます。

 

こちらでは、どんな性格の人がハゲやすいのか、といったことについて詳しく解説します。

 

もしも当てはまる項目があったら、注意しなければなりませんよ。

 

 

■真面目なタイプである

 

・ストレスを溜め込みやすい人は要注意

 

薄毛とストレスは密接に結びついていることは間違いありません。

 

高いストレスを抱え込んでしまっている人は、どうしても髪の毛に問題が出て着やすいのです。

 

ストレスが、髪の毛の成長を阻害して生えにくくしてしまいます。

 

もともと、男性型脱毛症を発症しやすい体質であった人だったとしても、ストレスが加わると薄毛の進行のスピードがアップしてしまうかもしれません。

 

真面目で息抜きができないタイプの方は、注意してください。

 

 

・対策法|週に1日はストレスフリーな日をつくろう

 

週に1日はストレスを感じにくい生活をおくるのがおすすめです。

 

息抜きができる日を設けるのです。

 

ストレス解消をする方法ですが、人それぞれだと思います。

 

自分がしていて楽しい、と思えることを行ってくださいね。

 

嫌なことをすると、どうしてもストレスが溜まってしまうものです。

 

 

■イライラしやすいタイプである

 

・いつも何かに起こっている人は要注意

 

イライラはストレスに大きく関わりますが、最悪な状態になると胃腸に大きな負担をかけてしまいます。

 

胃腸に負担がかかると、下痢などにもなりやすいです。

 

せっかく栄養価の高い食べ物を摂取したとしても、身体に吸収されにくくなり、有効活用されなくなってしまうのです。

 

髪の毛にも栄養が送られなくなり、薄毛を引き寄せてしまうことになります。

 

 

・医学的な根拠にも注目しよう

 

実はストレスがホルモンバランスを崩してしまうことが分かってしまいます。

 

ストレスが、人間の交感神経を優位にしてしますのです。

 

いつも以上に男性ホルモンが増えることも分かっており、皮脂を増加させてしまう効果があることがわかりました。

 

皮脂が直接的に薄毛を招くわけではありませんが、頭皮環境を悪化させてしまうこともあるのです。

 

頭皮環境を良くするためにも、イライラを抑えて正常な心理状態をキープしましょう。

 

薄毛にならないためにも非常に大切なテーマになります。

 

 

・イライラを抑えるためにはどうしたらいいのか?

 

牛乳やチーズ、小魚などを食べましょう。

 

ストレス解消のためのカルシウムを効率的に摂取するのです。

 

食生活を少し変えるだけで、イライラが抑えられますよ。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓