あなたの頭皮がやばい!間違った頭皮マッサージ方法とは

頭皮マッサージは、育毛に良い効果をもたらします。

 

これはすでに様々な実験結果より明らかにされていることです。

 

しかし、間違ったマッサージ法をしてしまうと、逆効果になってしまうこともあるのです。

 

こちらでは、してはいけない頭皮マッサージについて詳しくお話します。

 

 

■爪を立てて頭皮マッサージを行ってしまう

 

・気持よいかもしれないが・・・

 

爪を立てて頭皮をマッサージしていると、刺激もあり、マッサージしている気分にもなります。

 

しかし、頭皮を痛めてしまうことにもなりかねません。

 

皮膚に爪を立てているわけですからね。

 

当然、皮膚が裂けてしまうこともあります。

 

ひどい場合になると、出血してしまうこともあります。

 

内出血を起こしてしまうことだって考えられるわけです。

 

炎症を起こしてしまうこともあり、頭皮環境が大幅に悪化します。

 

仮に、爪で皮膚を引っ掻いてしまい、そこにバイキンが入ってしまったらどうでしょうか。

 

患部が化膿してしまうかもしれません。

 

そんな頭皮から健康的な髪の毛が生えてくるでしょうか。

 

 

・髪の毛にも悪影響を及ぼす可能性あり

 

爪を立てて頭皮マッサージをしてしまうと、頭皮だけでなく髪の毛も痛めてしまいます。

 

髪の毛は、爪によって劣化してしまうこともあるのです。

 

切れ毛の原因なることもあります。

 

【頭皮マッサージは、爪を立てるのではなく指の腹で行う】

 

しっかりと覚えておきましょう。

 

 

■頭皮を叩いてしまう

 

・角質が硬くなってしまうことがある

 

頭皮を叩くことで血行を良くする、といった考え方もあります。

 

しかし、強い刺激を皮膚に与え続けることはよくありません。

 

皮膚が強い刺激を受け続けると、角質層が分厚くなってしまうことがあります。

 

手のひらにできるマメのような感覚ですね。

 

さすがに頭皮を刺激してもマメのようになるわけではありません。

 

しかし、角質層に厚みが出てしまうことがあります。

 

頭皮のような皮脂の多い部位の角質層が分厚くなってしまえば、皮脂が毛穴の内部に残ってしまいます。

 

その結果、頭皮ニキビ、といったものが多くできやすいのです。

 

頭皮ニキビは、簡単に言ってしまえば頭皮の炎症です。

 

髪の毛にとっては非常に良くない状況でも有るので、叩くようなマッサージ法は行わないでくださいね。

 

 

■理想のマッサージ法とは?

 

・指の腹を使って軽く押す

 

指の腹であれば、頭皮を痛めることはありません。

 

更に押すといった行為に関しては、血行が最も高まることが分かっているのです。

 

さすったり叩いたり、といったことよりも押したほうが、頭皮の血流がアップしますよ。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓