かつらはバレるのか?かつらの見破り方とは

髪の毛が薄くなったらかつらをかぶれば良い、そんなことを考えている方もいると思います。

 

しかし、かつらを被ったとしても、バレてしまっては意味がありませんよね。

 

薄いことを知られないためにもかつらを利用しているのに、バレてしまったら薄いことも発覚してしまうわけです。

 

こちらではかつらの見破り方についてお教えします。

 

最近は高性能になっているかつらですが、見る人が見ればかつらであることが分かってしまうんですよ。

 

 

■不自然に生え際を見せない髪型をしている

 

・かつらは生え際が晒しにくい

 

生え際を自然にするのは、近年かつらであっても簡単なことではありません。

 

ですから、生え際が見えないようなかつらを利用しているケースが極めて多いわけです。

 

最近では、シート型のかつらも登場して生え際が晒せるようになってきたものがあります。

 

しかし、それらは定期的に付け替えなければなりません。

 

費用がかかるので、全体的に広まっているとは言いにくい状況なのです。

 

生え際を隠しているような、不自然な髪型の方はかつらを利用しているケースが非常に多いので注目です。

 

 

■髪の毛の色合いに不自然な感じがある

 

・黒黒としすぎている

 

我々の髪の毛はたしかに黒いです。

 

しかし、完全な黒ではなく、少し薄かったりしている方もいるわけです。

 

中には、自然にブラウン系に近い色合いをしている人もいますよね。

 

かつらの中には、黒黒とした印象が強すぎるものもあります。

 

人工毛を利用しているものの中には、つやつやしすぎているものもあるのです。

 

太陽光のもとで、特に地毛との違いがはっきりと分かってしまいます。

 

かつらを利用する場合は、髪色にしっかりと合わせることが肝心ですよ。

 

 

■かつらの髪の色は変化してしまう

 

・人毛はブラウン系の色になりやすい

 

あまり知られていないことかもしれませんが、人毛を使っているかつらは定期的に染めなければなりません。

 

染めなければ、ブラウン系の色合いになってしまうのです。

 

染忘れてしまうと、髪の毛に不自然感が出てきてしまい、かつらだと発覚することになります。

 

染める感覚は3ヶ月に1回程度が適切です。

 

半年程度染めないでいると、かなり色がわかってきてしまうので注意してくださいね。

 

 

■髪の毛の量が不自然なほど多い

 

・かつらの毛量は少なめの方が自然である

 

かつらをかぶると、どうしても毛の量を多くしたいものです。

 

地肌が見えないほどの毛の量はかえって不自然な状態を産んでしまうのです。

 

少し地肌が透けて見えるほうが自然に見えるので、毛の量の調整に注意してくださいね。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓