帽子をかぶり過ぎると薄毛になるって本当なの?

薄毛を気にして帽子をかぶっている方も実際に少なくありません。

 

しかし、その帽子にも薄毛のリスクが高い、といったことが言われていますよね。

 

こちらでは帽子と薄毛の関係性について考察します。

 

普段から帽子をよくかぶっている方は必見ですよ。

 

 

■帽子は蒸れることはあるが大きなリスクは内在しない

 

・蒸れだけに気をつけること

 

帽子をかぶると、頭皮の湿り気がずっと保持されてしまいます。

 

さらに汗がかきやすくなる、といったデメリットも有るわけですよね。

 

汗や皮脂が蒸発されにくくなるのです。

 

その結果、頭皮に菌が繁殖する可能性が高まります。

 

頭皮にニキビなどの炎症が起きてしまうのです。

 

しかし、帽子には悪い機能だけがあるわけではありません。

 

実は、紫外線をカットしてくれる有効な効果もあるわけです。

 

紫外線は頭皮にとって最もよくないものの一つに挙げられます。

 

帽子をかぶると、マイナス面としては頭皮の蒸れがあり、プラス面とすれば紫外線のカット効果があるわけです。

 

どちらのほうがより強い作用を持っているのかが重要なのですが、多くの頭髪専門家は紫外線カットの作用の方は大きな影響がある、としているのです。

 

以上のことから、帽子は薄毛対策アイテムでもあるわけです。

 

群れが気になって利用してこなかった方も、積極的な利用がお勧めですよ。

 

 

■より安全に帽子を薄毛対策アイテムとして利用する方法

 

・定期的に帽子をとること

 

蒸れの影響を最大限少なくする必要があります。

 

帽子をずっとかぶり続けていると、どうしても頭皮が蒸れてしまうので、建物に入ったら帽子をとる、日陰に入ったら帽子をとる、といったことを行いましょう。

 

また、帽子をとった時には、タオルなどで頭皮の汗などをとってください。

 

たったそれだけの行為でも頭皮の群れはだいぶ落ち着くのです。

 

髪の毛がペンなりしてしまうリスクも避けられやすくなりますよ。

 

 

・メッシュキャップの利用がおすすめ

 

帽子にも様々な種類がありますが、メッシュキャップであれば通気性も良いわけです。

 

蒸れにくくなるので、特に夏はメッシュキャップを活用しましょう。

 

 

・発毛剤の定期的な利用

 

発毛剤を利用する目的ですが、抗菌作用・殺菌作用・抗炎症作用を期待してのものです。

 

頭皮が蒸れると菌が発生するわけです。

 

そこで定期的に発毛剤を使っていれば、菌自体の発生がおさえられます。

 

さらに、菌が繁殖してしまい炎症が起きてからでも発毛剤は大きな役割をしてくれます。

 

炎症の度合いを弱めて、肌を修復してくれるのです。

 

帽子のお供として発毛剤を活用してくださいね。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓