お風呂あがりが発毛・育毛に大切!正しい髪の乾かし方

発毛や育毛を目指している方は、日本全国に1,000万人規模でいるとされています。

 

実際に、それだけ多くの方が薄毛で悩んでいるわけです。

 

実は、薄毛になる原因はかなり身近なところにあります。

 

髪の乾かし方って考えたことがありますか。

 

ほとんど意識していない方がほとんどだと思うのです。

 

こちらでは育毛・発毛につながる、おすすめの髪の乾かし方についてレクチャーします。

 

 

■理想的な髪の毛の乾かし方とは

 

・まずはタオルドライ

 

髪の毛や頭皮についた水は、まずはタオルでしっかりと拭いてください。

 

タオルドライが甘いと、薄毛の原因になることもあるので注意してくださいね。

 

しかし、あまり一生懸命になりすぎるようなことは厳禁です。
一生懸命にタオルドライをし過ぎると、頭皮が傷んでしまうことも少なくありません。

 

頭皮が傷ついてしまえば、育毛とは逆の状態になります。

 

タオルは軽く頭皮や髪の毛に抑えつけるような感じで利用するのがベストですよ。

 

タオルドライが終わったら次の段階へ移行します。

 

 

・ドライヤーを利用すること

 

ドライヤーを利用してはいけないのではないか、と思う方も居るかもしれません。

 

ドライヤーに関しては、利用してダメなわけではありません。

 

使い方が重要になってくるのです。

 

頭皮から一定の距離をとってください。

 

理想とされるのが頭皮から30センチほど離す、といったことです。

 

頭皮にあまりに近づけてしまうと、頭皮が乾燥してしまいます。

 

さらに熱風でやけどしてしまう可能性もあるのです。

 

また、ドライヤーでの乾かし過ぎにも注意してください。

 

湿り気がある状態では困りますが、乾燥させ過ぎも、頭皮環境を悪化せるのです。

 

 

・髪の毛が短い人は、ドライヤーは必要なし

 

扇風機でドライヤーの代用をする方法もあります。

 

特に男性で短髪にしている方であれば、ドライヤーを使う必要はありません。

 

扇風機でも十分に髪の毛はしっかりと乾くものです。

 

特に夏であれば短髪の方限定ですが、あっという間に蒸発しますよ

 

 

■髪の毛が濡れたままの状態では寝ないこと

 

・菌が大量に繁殖することもある

 

髪の毛の乾かし方が甘いと、菌が繁殖してしまいます。

 

菌はそもそも水分があると繁殖してしまうのです。

 

皮脂然り、汗しかりです。

 

仮に、髪の毛が乾かないままの状態で寝てしまえば、朝には頭皮に大量の菌が繁殖しています。

 

頭皮環境を悪化させてしまう可能性もあるので、髪の毛が乾いているかをしっかりと確認してから休んでくださいね。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓