薄毛の基礎知識|頭皮ニキビはよくないので要注意

薄毛とニキビは深く結びついています。

 

特に頭皮にニキビがたくさん出来る方は、薄毛になりやすいことがわかっています。

 

こちらでは、ニキビができると薄毛になるメカニズムと、ニキビを予防する方法についてお話します。

 

ニキビができやすく、さらに薄毛で悩んでいる方は必見ですよ。

 

 

■なぜ頭皮ニキビが出来ると薄毛になるのか

 

・頭皮が負担を受けることで脱毛が促進される

 

ニキビは簡単にいえば、皮膚の炎症状態を指します。

 

炎症を起こした皮膚は、その周辺部位に負担をかけるのです。

 

痛みが出てくることもありますよね。

 

そんな状態では、髪の毛に正緒に必要な栄養がしっかりと送られません。

 

その結果、髪の毛の成長に負担が出たり、脱毛してしまうケースが少なくないのです。

 

髪の毛は健康的な頭皮があってこそ、健やかな髪の毛が生えるシステムとなっています。

 

頭皮環境を改善するように、しっかりとした対策を練るべきです。

 

 

■頭皮ニキビにならないようにするためにはどうしたら良いのか?

 

・皮脂の分泌量を少なくすること

 

ニキビは思春期になると大量に発生するのですが、思春期はホルモンバランスが崩れている時期です。

 

性ホルモンのバランスが乱れて、体の各所から皮脂を大量に出すことになります。

 

特に頭皮は、大量に皮脂が出やすい部位となっており、ニキビ菌であるアクネ菌が大量に発生してしまうのです。

 

アクネ菌は皮脂を餌にしているので、皮脂が多いところにニキビが出てきてしまいます。

 

そこで大切になるのが、皮脂の量をコントロールすることです。

 

大量分泌さえさせなければ、ニキビにはなりにくいわけです。

 

これは難しいように見えて、習慣づければそれほど大変なことではありません。

 

 

・皮脂の分泌量を少なくする方法

 

洗浄力がそれほど強くないシャンプーに変えることが大切です。

 

皮脂を取り除くためには、洗浄力の強いシャンプーが良いのではないか、と思うかもしれません。

 

しかし、皮脂を取り除きすぎると、逆に皮脂が大量分泌されてしまうのです。

 

皮脂が無くなったお肌は乾燥してしまい、それをカバーするために皮脂腺が活発に活動を始めてしまいます。

 

ですから、一定量の皮脂は必ず頭皮にあるようにしなければなりません。

 

洗浄力の弱めのシャンプーであれば、皮脂を完全に取り去ることはしません。

 

その結果、皮脂の分泌が少しずつ低減することになります。

 

また、発毛剤を使って頭皮を保湿することも大切です。

 

保湿ができていれば頭皮は皮脂が足りていると感じて、皮脂の分泌量を減らしてくれますよ。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓