赤ちゃんの時に髪が薄いと将来ハゲるって本当?

自分の赤ちゃんの時の写真を見返してみて、ビックリすることってありますよね。

 

特に髪の薄さに衝撃を覚えた方も多いでしょう。

 

こちらでは赤ちゃんの時に髪の毛が薄いと、将来的にハゲることにつながってくるのか、といった点についてはお話しします。

 

もしも赤ちゃんの時に薄ければ将来も薄くなる、と分かれば早めに対策もできますよね。

 

 

■生え際の形は似ることがあるが、実際に将来に関係することはない

 

・生まれた時の髪の量は関係なし

 

心配している方にはかなり安心してもらえると思います。

 

実際に、生まれた時の髪の毛の量については、将来の薄毛に関係してくることはない、と定説になっているのです。

 

ただし、生まれた時のおでこの形については、将来似る、といった話も聞きます。

 

例えば、生まれた時にM字の部分が強調されているようであれば、将来もM字になる、と言った具合なのです。

 

こちらの真偽は定かではありませんが、一応は参考にしておいても良いかもしれません。

 

 

■なぜ赤ちゃんの時に髪の毛が濃かったり薄かったりするのか?

 

・ホルモンの可能性が高い

 

赤ちゃんによっても、ホルモンについてはみんな一緒ではありません。

 

そのホルモンの影響をうけることで、濃く生まれてきたり、薄く生まれてくることになるのです。

 

そもそも、女の子の赤ちゃんでも髪の毛が薄かったりして生まれてきますよね。

 

2歳位になるまで、なかなか髪の毛が生え揃わない、といった子まで居るわけです。

 

しかし、大きくなればしっかりと生えてくるものなので、大きな心配はありませんよ。

 

 

・薬剤によって髪の毛がフサフサで生まれてくることもある

 

早産が心配される場合には、その予防薬としてウテメリンと言った薬をのむことがあります。

 

実はその薬を飲んでいたお母さんから生まれてきた赤ちゃんは、髪の毛がふさふさである事例がとっても多いのです。

 

だれにでも当てはまることではありませんが、そのような傾向が出ている、といったことを把握しておけばよいでしょう。

 

 

■将来薄毛になる原因とは?

 

・遺伝が最も高確率である

 

薄毛になってしまう要因は、遺伝によるケースがほとんどです。

 

多くの薄毛の男性は、薄毛になる遺伝子を持っているのです。

 

ですから、薄毛になるべくしてなっているわけです。

 

しかし、近年では研究も進んで、発毛剤によって薄毛は解決が図れるようになってきました。

 

遺伝だからといって諦める必要は全くありませんよ。

辛いものを食べるとハゲるってウソ?ホント?

昔から都市伝説のように言われ続けていることがあります。

 

それは辛いものを食べるとハゲる、と言われるものです。

 

こちらでは、唐辛子を食べると本当にハゲるのか、といったことについて詳しく解説します。

 

実際に辛いものが好きな方は必見ですよ。

 

 

■辛いものを食べるということだけでは薄くはならない

 

・一定量であれば薄毛を促進させてしまう可能性はない

 

辛いものを食べただけで薄毛になるのであれば、中華料理を食べている方はみんな薄くなるはずです。

 

例えば、女性でも唐辛子やカレーなどが好きな方は多いですよね。

 

しかし、そういった方が薄毛で悩んでいる、といった話は聞きません。

 

辛いのを食べるとハゲる、というのは基本的には「ウソ」、と断定させてもらいます。

 

しかし、程度がある、といった話をしなければなりません。

 

 

■辛いものを食べ過ぎると薄毛になる可能性はある

 

・胃腸に負担をかけてしまう

 

辛いものは刺激物でもあります。

 

胃腸を壊してしまう原因になってしまうのです。

 

大量に辛いものを食べてしまうと、胃腸が機能不全を起こしてしまいます。

 

結果的に下痢になってしまうことも考えられるのです。

 

胃腸に問題が起きると、栄養が全身に行き渡らなくなります。

 

その結果、髪の毛に栄養が送られにくくなってしまいます。

 

そういった意味ではハゲる可能性は捨て切れません。

 

しかし、基本的には、薄毛になる確率は低い、と考えて間違いありませんよ。

 

 

■唐辛子には育毛効果が期待できる

 

・飲む発毛剤・育毛剤に唐辛子の成分が含まれていることもある

 

トウガラシには辛味成分のカプサイシンといったものがあります。

 

そのカプサイシンに育毛効果があるのではないか、といって話題になったことがあります。

 

イソフラボンと一緒にトウガラシを摂取することで髪の毛が生える、との事だったのですが、実は研究結果に捏造があったことが公表されたのです。

 

ですから、カプサイシンについては発毛・育毛効果があるとはいえなくなってしまいました。

 

しかし、全く効果が無いとも言い切れないのです。

 

 

・トウガラシには血行を促進させる作用がある

 

髪の毛を成長させるためには、血行が良いことが条件です。

 

そこでトウガラシが役に立ってくれるわけです。

 

トウガラシには血行を促進させる作用があり、実際に多くの発毛剤に含まれている実績があります。

 

辛いものはハゲると言われていますが、実際には逆の効果も期待されている、といったことは覚えておいて損はありませんよ。

紫外線でハゲる、ってウソなの?ホントなの?

紫外線が髪の毛に与える影響が話題になっています。

 

実際に、紫外線が頭皮に当たると、ハゲる原因になる、とされているのです。

 

それは本当なのでしょうか。

 

外出する機会が多い方には必見のテーマとなります。

 

 

■紫外線によってハゲる可能性は極めて高い

 

・頭皮か傷ついてしまう

 

紫外線が頭皮に当たると、頭皮が日焼けをしてしまいます。

 

日焼けはまさに肌荒れのような状態ですよね。

 

皮膚が火傷をすることによって引き起こされる現象でもあるわけです。

 

紫外線が頭皮に当たるような状況が長続きしてしまうと、髪の毛の分け目などがどんどんと日焼けしていきます。

 

そして皮膚が痛むことによって、髪の毛が生えにくい状態になるのです。

 

以上のことから、紫外線によってハゲることはあるので「ホント」だと判断させてもらいます。

 

 

・皮脂と紫外線が結合することも厄介である

 

皮脂が紫外線にあたってしまうと酸化してしまいます。

 

酸化については、老化現象を招いてしまうものでもあるのです。

 

薄毛は老化現象の一つでもあるので、やはり紫外線はなるべく避けなければなりません。

 

そこで問題になってくるのが、どのように紫外線対策をするのが適当なのか、といったことです。

 

頭皮に紫外線クリームを塗るわけにもなかなか行きませんよね。

 

頭皮がべたついてしまいますし、髪型も決まらなくなってしまいます。

 

 

■おすすめの紫外線対策法とは?

 

・帽子が最もおすすめである

 

確実に紫外線をシャットアウトできるのは帽子です。

 

すっぽりとかぶるタイプであれば、頭皮に紫外線が当たることが防げるのです。

 

特に黒い色の帽子であれば、紫外線を吸収しにくいので、より効果が高いですよ。

 

ただ、帽子についてはマイナス効果があるのでは、と思っている方も多いのは事実です。
帽子をかぶると、頭皮が蒸れてしまいますよね。

 

汗や皮脂が蒸発しにくくなるので、頭皮環境の悪化を心配している方が非常に多いのです。

 

 

・帽子による蒸れはどのように対処すればよいのか?

 

定期的にタオルで頭皮の汗を拭うようにしてください。

 

冬であればそれほど群れることはないと思いますが、夏だと汗が大量に出てきますので、タオルで汗を拭くような対策方法がどうしても必要になってきます。

 

建物内に入ったら、帽子を脱ぐのもお勧めですよ。

 

※蒸れと紫外線のどちらのほうが頭皮に悪影響を与えてしまうのか、といったことですが、圧倒的に紫外線です。
蒸れについてはまだ対処できますが、紫外線は一度影響を受けた肌は修復されることはありません。
新しい肌になるまで待たなければ正常化しないのです。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓