AGAかどうかチェックする方法〜抜け毛に注目すべし!〜

自分に男性型脱毛症が発症していないか気にしている男性は多いですよね。

 

しかし、実際に気づくまでには時間がかかってしまうケースが多いのです。

 

時間がかかってしまうと、対策をするのが遅れてしまい、復活までに時間がかかってしまうかも知れません。

 

こちらでは、自身がAGAになっていないかを確認する方法についてお話します。

 

簡単な方法なので、ぜひ実践してくださいね。

 

 

■自分の抜け毛をチェックしよう!

 

・細い毛が多い
・短い毛が多い

 

上記に当てはまる抜け毛が多かった方はAGAになっている可能性が極めて高いです。

 

一方で、髪の毛が太く長い毛が抜けている方は、AGAが発症している可能性は低いので安心してください。

 

では、なぜ細い髪の毛や短い髪の毛がイケないのでしょうか。

 

実は、男性型脱毛症には、髪の毛の成長が阻害させてしまう作用があるのです。

 

段々と髪の毛が細くなり、髪の毛が長く成長しなくなります。

 

最終的には完全に産毛化してしまって、頭皮が透けて見えてしまうのです。

 

自分の髪の毛をシャンプーした時や枕元などで探してみてください。

 

どんな抜け毛であるか把握して、自分にAGAの可能性があるか怖がらずに確かめてみましょう。

 

 

■薄くなっている部位からAGAを診断する方法

 

・前頭部から頭頂部にかけて薄毛になっているか

 

AGAの特徴的なハゲかたは、前頭部から頭頂部にかけてのみ薄くなる、といったものです。

 

側頭部や後頭部の髪の毛はだいぶ薄くなってしまっても残っているのです。

 

いわゆる、U字ハゲといった感じになります。

 

ですから、自分の薄毛がどこで起こっているかを確認することで、AGAの確率を調べられます。

 

前頭部や頭頂部の髪の毛が薄くなってきているのであれば、AGAである可能性が極めて高いです。

 

一方で、頭髪が全体的に少しずつ薄かったり、円形にごっそりと抜けている場合には男性型脱毛症ではありません。

 

 

■自分の家系からAGAであるかを確認する方法

 

・男性型脱毛症は遺伝性のものである

 

男性型脱毛症は誰にでも起こるものではありません。

 

起こってしまう可能性がある人とない人がいるのです。

 

起こってしまう可能性がある人は、母方に薄毛の男性がいる場合です。

 

仮に父親が薄かった場合であっても自分が薄くなる可能性を高めるわけではありません。

 

AGAは母方遺伝であることが分かっているのです。

 

特に注目して欲しいのが、母親の父親です。

 

母方の祖父が薄毛であった場合には、AGAになる遺伝子が引き継がれているので注意しましょう。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓