安くても効果のある発毛剤とは〜ジェネリック医薬品について〜

発毛剤は普通に購入すると高いです。

 

リアップを購入したとしても、プロペシアを利用したとしても、片方でひと月あたり7,000円台から8,000円台です。

 

両方とも利用してしまうと、15,000円を超えてきてしまうのです。

 

そこで考えるべきなのが安い育毛剤です。

 

実際にどんな育毛剤があり、どうやって手に入るのか。

 

さらにどのような効果があるのか、といったことについて解説します。

 

 

■安い発毛剤ならジェネリック医薬品をねらえ!

 

・発毛剤の権利はまだ消滅していないのにジェネリック?

 

疑問に思う方もいると思います。

 

しかし、実際にミノキシジルが入っているジェネリック医薬品も販売されていますし、フィナステリド(プロペシア)のジェネリック医薬品もあるのです。

 

これには、薬の権利がある国とない国があることを知る必要があります。

 

日本ではもちろん医薬品の権利があるので、まだ新しいタイプの医薬品に関してはジェネリックを製造できません。

 

一方で、インドは医薬品の権利がない国です。海外の医薬品についても、合法的に製造されているのです。

 

インドで製造された医薬品は安い価格で販売されています。

 

罪に問われるのではないか、といったことに恐れを感じる方もいるかもしれません。しかし、その心配はありません。

 

輸入して使う分には、特に問題視されていないのです。

 

・ジェネリック医薬品はどのようにすれば手に入るのか

 

発毛剤のジェネリック医薬品は、国内では販売されていません。

 

街中で、怪しい店舗が販売している例もありますが、違法ですし危険なので利用してはダメです。

 

発毛剤のジェネリック医薬品は、個人輸入代行業者を利用します。

 

インターネットを検索すればたくさん出てくるので、試しに「医薬品 輸入代行」みたいな感じで記入してみましょう。

 

購入は簡単です。通販ショップのような感覚で利用できるのです。

 

支払いはクレジットカードでも出来ます。

 

ここでも違法性がないのか心配になる方がいます。

 

個人輸入代行については、個人で使う分であれば一切違法性はありません。

 

ただ、販売したり他人に譲ったりすると問題となります。

 

 

■発毛剤系のジェネリック医薬品の危険性について

 

・入っている成分がまちまちなこともある

 

残念ながら粗悪品が紛れ込んでいることもあります。

 

よくよく調べてみるとミノキシジル10%と記載してあるのに、8%しか入っていなかったり、12%も含まれていることもあるのです。

 

粗悪品を掴まされないようにするためには、信頼できる輸入代行業者を探しだすことです。

 

薬剤師が所属しており、代表者の顔写真が掲載されているか、といった部分に注目してみるのもお勧めになります。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓