50代の薄毛はまだ間に合うか!?以外な調査結果が明らかに

若い方であれば、薄毛対策をすれば髪の毛が復活するイメージもあります。

 

特に30代くらいまでであれば、復活した例は幾つでもあります。

 

しかし、問題は50代です。

 

そのくらいの年齢で、実際に薄毛対策を行って回復することがあるのでしょうか。

 

こちらでは、50代と発毛対策の関係性について詳しく解説します。

 

 

■かえって発毛対策の効果が出やすい年代でもある

 

・男性ホルモンが減り、男性型脱毛症対策が成功しやすい

 

男性には男性ホルモンがあります。

 

薄毛に対しては、悪役ではありませんが一定の役割を果たしているのが男性ホルモンです。

 

男性ホルモンは20代をピークにドンドンと減り続けます。

 

50代に入ると、男性も更年期障害を起こします。

 

ホルモンバランスが乱れるからこそ、更年期障害といったものが起こってしまうのです。

 

男性型脱毛症は、男性ホルモンと酵素の5αリダクターゼが結合することによって発生するジヒドロテストステロンにより引き起こされます。

 

ジヒドロテストステロンを発生させるのに役立っている男性ホルモンが50代では少なくなっているわけです。

 

そこでプロペシアを飲んだと仮定しましょう。

 

プロペシアには、5αリダクターゼの活性度合いを引き下げる効果が認められています。

 

男性ホルモンと結合しにくくする効果があるのです。

 

50代でプロペシアによる薄毛対策をすれば、

 

・男性ホルモンが勝手に減り

 

・5αリダクターゼが薬によって抑制される

 

このように、薄毛対策の効果を得られる可能性が高い、といった答えが導きさせるのです。

 

・実際に50代で薄毛が回復した方はいるのか?

 

います。50代であろうと60代であろうと、薄毛対策をすれば改善した例はいくらでもあるのです。

 

希望を持って対策を実行してくださいね。

 

 

■高年齢であるからこそ成功しない場合もある

 

・血行不良問題あり

 

50代にもなると、高血圧になっている方も少なくありません。

 

血行が悪くなっているのです。

 

血行の悪さは、直接薄毛に結びつきます。髪の毛へ栄養を送っているのが血液だからです。

 

血のめぐりが悪くなると髪の毛が薄くなるのは実際に証明されています。

 

・血行対策も同時に行うと薄毛の改善率が高まる

 

発毛剤のリアップを活用しましょう。有効成分ミノキシジルが含まれるものですが、血行促進作用があります。

 

塗布した周辺部位の血管が拡張され、血液のめぐりが良くなります。

 

高年齢の方におすすめの発毛剤の一つです。

 

プロペシアとの併用についても全く問題はありません。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓