さっぱりとしたい!頭皮の脂を取るおすすめの方法

頭皮がべたついているのは嫌なものです。

 

しかも、育毛にもよくありません。将来的に薄毛を引き起こしてしまうかもしれないのです。

 

こちらでは、頭皮の皮脂を効率的に取り除く方法を解説します。

 

頭皮がオイリー状態になりやすい方は必見です。

 

 

■シャンプーを1日1回、または2日に1回は行なうこと

 

・過度なシャンプーも危険である

 

夜もシャンプーをするし、朝もシャンプーをする方も多いです。

 

1日2回のシャンプーは皮脂を大量分泌させる原因になります。

 

皮脂が頭皮に少なくなると、頭皮は一生懸命になって皮脂を作りだすのです。

 

1日になんどもシャンプーを利用してしまうと、頭皮が乾燥状態になってしまうのです。

 

乾燥状態になると。人体は皮脂を出すメカニズムを持っています。乾燥状態を良くない状態とするからです。

 

毛穴をおもいっきり開いて大量に分泌されてしまうので、頭皮にとってはよくない状態です。

 

皮脂を取るためにシャンプーをして、かえって皮脂が大量分泌されてしまう皮肉を味合わないでください。

 

シャンプーについては毎日行う必要はありません。

 

2日に1回利用して、シャンプー味を利用しなかった1日はお湯だけのシャンプーで済ませる方法もあります。

 

お湯だけのシャンプーでもある程度の皮脂は落ちるので心配ありません。

 

 

■週に1回だけの皮脂対策!メイク用のクレンジングオイルを利用

 

・脂はオイルで除去する

 

皮脂は水ではそう簡単には落ちません、水と油が混ざらないのと同じ原理になります。

 

ですから、しつこい頭皮の皮脂に関しては、お湯やシャンプーでも落ちにくいことがあるのです。

 

そこで活用して欲しいのが、メイク落としに利用するオイルです。

 

強い効果があるものなので、使い方には注意する必要がありますが、皮脂をさっぱりと落とせます。

 

前述したように、効果が強すぎるので毎日行うのは厳禁です。

 

頭皮を痛めてしまう原因にもなりかねません。

 

週に1回だけ綺麗にさっぱりする、といった利用方法がお勧めです。

 

クレンジングオイルは、指の腹で頭皮になじませる感じで利用してください。

 

指の腹でマッサージする感覚、といったほうがわかりやすいかもしれませんね。

 

頭皮を軽く動かすような感覚です。

 

 

■アミノ酸シャンプーを利用する

 

・頭皮に負担をかけないタイプのシャンプーで環境を整えること

 

頭皮環境がおかしくなっているからこそ、皮脂が大量に分泌されてしまうのです。

 

そこでアミノ酸シャンプーを利用します。

 

アミノ酸シャンプーは皮膚と同じ弱酸性となっているので、優しい性質を持っています。

 

アルカリ性のシャンプーを使うと、頭皮が傷みやすく皮脂が出やすいので注意してください。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓