薄毛解消のために|頭皮の毛穴をきれいにする方法

薄毛の原因の一つとされているのが、頭皮の毛穴の汚れになります。

 

毛穴に皮脂が詰まってしまうと実際に頭皮に問題が起こってくることもあります。

 

こちらでは、頭皮を綺麗にする対策法について詳しく解説します。

 

・皮脂が多くなると実際にどうなってしまうのか

 

皮脂が毛穴に詰まると、その周辺で菌が大量繁殖します。菌は皮膚にも負担をかけてしまい、結果的に炎症状態になってしまうことだってあるのです。

 

毛穴周辺が炎症を起こすと、髪の毛の成長を阻害してしまいます。

 

脱毛を促してしまうことさえあるのです。

 

だからこそ毛穴は綺麗にしておかなければなりません。

 

 

■基本はシャンプーを1日1回利用すること

 

・髪の毛を洗わないと頭皮が汚くなってしまう

 

週に1回とか2回しかシャンプーをしない方もいます。

 

いつまで皮脂が頭皮についたままになってしまいます。

 

汗も頭皮に付いたままとなってしまうので、菌が大量繁殖しやすい状態が長期間続いてしまうのです。

 

なるべくシャンプーは定期的に利用してください。

 

ただ、回数多ければ良いわけではありません。

 

頭皮にある余計な皮脂を洗い流せればよいのです。

 

1日に1回程度で十分です。

 

仮に1日に2回以上もシャンプーをしてしまうと、頭皮の皮脂がなくなってしまいます。

 

皮脂は一定までは問題ありません。

 

保湿の役割もあるので、かえって皮脂がない方が問題なのです。

 

 

■汗に対処する方法

 

・タオルで定期的に汗を拭くこと

 

特に夏場に帽子やヘルメットなどをかぶってしまうと、汗がずっと頭皮の上にある状態です。

 

蒸発しなくなるので、いわゆる群れといった状態になります。

 

皮脂と同じように汗についても、菌の発生原因になってしまいます。

 

しかも、汗を分解するときには、菌は臭いを発生させるので注意しましょう。

 

頭皮の嫌なニオイのもとになってしまうので、汗はしっかりと拭ってください。

 

汗についてもシャンプーは大切ですが、皮脂のような脂ではないのでお湯くらいでもしっかりと落ちます。

 

汗をかいてどうしても髪の毛を洗いたいときには、お湯だけを用いた「湯シャンプー」が適切です。

 

 

■脂っこい食べ物は避けること

 

・皮脂の発生自体を抑制しよう

 

脂っこい食べ物が好きな方も少なくありません。

 

実はその食べ物が、皮脂の量を司っていることもあるのです。

 

食べ物に気をつけさえすれば、ある程度は対応できるのです。

 

・牛肉

 

・豚肉

 

・揚げ物

 

・お菓子

 

紹介したものはなるべく避けてください。

 

食生活に気をつけるだけでも、頭皮はかなり綺麗になりますよ。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓