自分で対策したい方必見〜自分でできる頭皮ケアのやり方〜

頭皮ケアですが、育毛サロンでしてもらうことも可能です。

 

しかし、ものすごいお金が取られてしまいます。

 

実際に、半年で50万円や60万円かかる例もあるのです。

 

そんな大金はなかなか出せませんよね。

 

しかも、育毛サロンに通ったからといって、髪の毛が生えてくるわけではありません。

 

こちらでは、自分でできる頭皮ケアの方法について解説します。

 

特に難しくはないので、すぐにでも実践してくださいね。

 

 

■マッサージをして血行を改善する

 

・頭皮以外のマッサージを中心に行うべき

 

頭皮ケアなのだから、「頭皮のマッサージをするべきじゃないの?」と思うはずです。

 

しかし、頭皮マッサージには危険性もあります。

 

頭皮を痛めてしまうこともあれば、悪い衛生状態にしてしまうきっかけを与えてしまうかもしれません。

 

強く頭皮マッサージをすれば、頭皮に傷がつきます。

 

汚い手でマッサージすれば頭皮が汚れてしまいます。

 

そこで頭皮以外のマッサージを重視するのです。

 

血行が良くなればいいわけで、こめかみや耳の周辺、さらには首や肩を重点的にもんでください。

 

それだけでも、頭皮に血液が行き渡りやすくなります。

 

 

■紫外線対策も立派な頭皮ケアである

 

・紫外線をなるべく頭皮に当てないこと

 

紫外線が頭皮にあたってしまうと、頭皮も日焼けしてしまいます。

 

乾燥してしまったり、皮が剥けるといった状態になりかねません。

 

紫外線を頭皮に浴びると、季節の変わり目に脱毛量が一気に増えてしまうリスクも有ります。

 

普段から頭皮に紫外線を当てないように気をつけてください。

 

・髪の毛用のUVカットスプレー

 

・帽子

 

・日傘

 

紫外線対策アイテムを定期的に利用して外出しましょう。

 

 

■ドライヤーは使うべきか、使わざるべきか

 

・使っても良いが・・・

 

ドライヤーに関しては使い方が非常に難しいです。使ったら頭皮を乾燥させすぎてしまうなどの負担を与えてしまう可能性もあります。

 

しかし、使わなかったら、頭皮が濡れたままになってしまい、雑菌の繁殖を手助けしてしまうかもしれません。

 

ドライヤーに関しては利用時間を極力減らし、頭皮から一定距離を離した上で利用してください。

 

高温ではなく、低温での利用もオススメです。

 

ドライヤーの利用時間短縮のためにおすすめになってくるのが、タオルドライです。まずはしっかりとタオルで髪の毛と頭皮の水分を取ってください。

 

そうすれば、短時間のドライヤー利用であったとしてもしっかりと乾くようになりますよ。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓