発毛剤の種類について〜効果から探ってみよう〜

発毛剤と言っても、ひとつのタイプしかないわけではありません。

 

実は2つの種類に分けられるのです。

 

それぞれの種類には一体どのような特徴があるのでしょうか。

 

こちらで詳しく解説します。

 

 

■日本で始めての発毛剤〜ミノキシジル外用薬について〜

 

・効果:血管を拡張する

 

薄毛の原因の一つに、毛母細胞の栄養不足があります。

 

毛母細胞によって髪の毛が生成されるのですが、栄養不足に陥ってしまうと、髪の毛が成長しにくくなってしまいます。

 

毛母細胞に栄養をおくる役割を果たしているのが血です。

 

血の巡りが悪くなってしまうと、毛母細胞に栄養が送られなくなり髪の毛が生えにくくなります。

 

その結果、薄毛が発症してしまうのです。

 

・効果:毛母細胞の活発化

 

血管の拡張作用に関しては、ミノキシジル系外用薬には確実にある効果として実際に認められています。

 

しかし、毛母細胞の活発化については、まだまだ分からないことが多いのです。

 

確証はないものの、専門家の中にもミノキシジルの影響で毛母細胞が活発化するからこそ髪の毛が生得てくる、と明言している専門家は少なくありません。

 

・どんな薄毛におすすめの発毛剤なのか

 

男性型脱毛症がメインですが、血行不良の方に特にお勧めなので、性別に関係なくお勧めです。

 

特に年齢が高くなるにつれて、血行不良になりやすいですよね。

 

高年齢の方にも効果が期待できる発毛剤になります。

 

 

■男性型脱毛症をピンポイントで改善する発毛剤〜フィナステリド内服薬について〜

 

・効果:ジヒドロテストステロンの発生を抑える

 

フィナステリドと言っても分かりづらいと思います。

 

プロペシアのことを指しています。

 

プロペシアの有効成分がフィナステリドなのです。

 

プロペシアは、男性型脱毛症のみに効果を発揮します。

 

ジヒドロテストステロンといった物質が、髪の毛を脱毛させてしまうわけですが、それを生成するのにはテストステロンと5αリダクターゼが必要です。

 

テストステロンについては男性ホルモンなので、男性にとっては必要不可欠です。

 

もう一つの5αリダクターゼは特に必要ないものです。

 

だからこそ、プロペシアは5αリダクターゼのみをピンポイントで攻撃します。

 

攻撃と言っても活動を抑制させるだけなのですが、そうすることでジヒドロテストステロンの生成を抑えこむわけです。

 

・どんな薄毛にお勧めの発毛剤なのか

 

男性型脱毛症になります。

 

前頭部や頭頂部など、男性特有の薄毛になった方におすすめなのです。

 

ちなみに、女性の利用はミノキシジルと違って認められていません。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓