薄毛になるか分かるのか?頭皮をチェックについて

誰しも薄毛になりたいと思うわけがありません。

 

しかし、特に男性は一定数がどうしても薄くなってしまうのです。

 

薄毛の原因の中には、頭皮が影響している可能性も少なくありません。

 

では、実際にどんな頭皮だと薄毛になりやすいのでしょうか。

 

自分の頭皮をチェックするときに役立つ知識をお教えします。

 

 

■頭皮を触ると皮脂がべっとりと手に付く方は要注意

 

・皮脂の分泌が活発化している可能性あり

 

皮脂がある事自体は問題ありません。

 

これはだ誰にでもあるものです。

 

皮脂にはプラスの役割も実際に多いです。

 

肌を乾燥から守ったり、紫外線から守ったり、といった機能を持っているのです。

 

問題となってくるのがバランスです。

 

少なすぎるのもよくありませんし、多すぎるのもダメです。

 

・適切な量の皮脂が頭皮には重要である

 

皮脂が多い方は頭皮に湿疹ができやすくはありませんか。

 

もしも、赤い湿疹ができやすいのであれば、すでに皮脂にとって頭皮が危険にさらされています。

 

皮脂は、皮膚の上にいる菌の餌になっているのです。皮膚の上に菌がいること自体はおかしいことではありません。

 

問題は量なのです。餌が多くなれば、当然皮脂は大量繁殖してしまいます。

 

菌が肌の上に多くなると、肌に対して様々な悪影響が出てきてしまいます。

 

炎症についてはまさに菌が引き起こすものです。

 

例えば、ニキビを見れば分かりますよね。

 

皮脂が多い部位にアクネ菌が発生して、ニキビを作ってしまうわけです。

 

それと似た状況が頭皮でも起こってしまいます。

 

炎症が起きた肌からは健康な髪の毛が生えてくることは期待しにくいです。

 

オイリーな頭皮の方は、薄毛になりやすいので注意しましょう。

 

 

■フケ症の頭皮と薄毛の関係性

 

・頭皮の角質が剥がれている

 

フケ症は頭皮にも髪の毛にも良いものではありません。

 

頭皮の角質が剥がれてしまっている状態です。

 

いくらでも出てくるので恐怖感を覚える方もいるかもしれません。

 

頭皮に問題が起こっているからこそフケが大量発生します。

 

薄毛にならないためには、早急にフケ対策を行いましょう。

 

洗浄力の優しいシャンプーを使ったり、すすぎ残しなどに注意してください。

 

たったそれだけでも、頭皮の状態は改善します。

 

 

■本格的な頭皮のチェック方法

 

自分では確認しにくいものなので、育毛クリニックなどを利用しましょう。

 

マイクロスコープなどで頭皮のチェックがしてもらえることもあります。

 

無料カウンセリングの一環としておこなわれるケースもあるので、有効活用してみませんか。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓