発毛剤の利用は続けることが大切|途中でやめてしまわないこと

発毛剤を利用してある程度の髪の毛が生えて来た場合は、その時点で利用を辞めようと思う方も少なくありません。

 

発毛剤は途中でやめても平気なものなのでしょうか。

 

こちらでは詳しく解説します。

 

発毛剤も無料ではありません。それなりのお金が毎月かかってくるわけです。

 

途中でやめられないとしたら、その事実を利用前に知っておくべきです。

 

 

■薬の効果は限定的である

 

・発毛剤の効果がずっと続くわけではない

 

1度プロペシアを飲んだからといって効果が半永久的に続くわけではありません。

 

ミノキシジルを頭皮に塗布したからといって、効果がずっと持続するわけでもないのです。

 

基本的に1日から数時間でその効果はなくなるとされます。

 

だからこそ、継続的に、定期的に利用しなければなりません。

 

仮に、発毛剤の影響で髪の毛が生えてきたとします。

 

その髪の毛は、発毛剤の効果があることによって生えてくるわけですから、体内に発毛剤の効果がなければ、再び男性型脱毛症の影響にさらされることになります。

 

その結果、せっかく生えてきた髪の毛も脱毛してしまい、新たに生えてこなくなってしまいます。

 

・発毛剤によって生えてきた髪の毛は発毛剤以外では維持できない

 

この事実をしっかりと覚えてください。

 

発毛剤の効果が出た方は、その効果を維持するためには、半永久的に利用し続けなければなりません。

 

男性型脱毛症の影響が体内からなくなることは一般的にはないのです。

 

50代でも60代でも70代でも薄毛になるリスクはつきまとうことになります。

 

 

■発毛剤の利用にはどれだけの費用がかかるのか

 

・リアップx5の1ヶ月分の価格例・・・7,000円から8,000円程度

 

・プロペシアの1ヶ月分の価格例・・・7,500円前後+診察料(診察料はかからないケースも有る)

 

仮に両方とも1ヶ月分の費用を7,500円だとすると、どちらか片方を1年間使うと年間で90,000円になります。

 

両方を併用すると、月に15,000円必要になり、年間で180,000円にもなるのです。

 

10年間使い続けると、片方で900,000円ですし、併用すると1,800,000円です。

 

20年間や30年間利用するとなると・・・。大きな費用になるのがよくわかると思います

 

・新技術開発の機運もある

 

今の発毛治療は、継続的な費用がかかりますが、新しい治療方法も研究されています。

 

その一つが毛髪培養です。

 

自分の髪の毛から新しい髪の毛を作り出し、頭皮に植えこむのです。

 

植毛に似ていますが、自毛植毛のように頭皮の傷跡を心配する必要がありません。

 

その技術ができるまでの対策として、発毛剤を一時的に使う、といった割り切りもアリです。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓