発毛剤に入っているアルコール成分って大丈夫?

発毛剤には様々な成分が含まれていますが、その中でも多くの方が気にしているのがアルコールです。

 

お肌の刺激になってしまいそうな気がしているのではありませんか。

 

こちらでは、発毛剤に含まれるアルコールの危険性についてお話します。

 

自分の使っている発毛剤に「アルコール」の表記を発見してしまい、このまま利用しようか悩んでいる方は必見ですよ。

 

 

■そもそもなぜ発毛剤にはアルコールが含まれているのか?

 

・成分融解剤として
・清涼感を得るため
・消毒目的として

 

以上の三つが基本的な使用目的となります。

 

成分誘拐罪として利用されているのでは仕方ありません。

 

とくに、成分を抽出するときにも利用されているのがアルコールなのです。

 

しかし、この場合は蒸発するなど、だいぶ濃度が下がっていることも多くそれほど心配する必要がありません。

 

二つ目の清涼感については、発毛剤を使うと気持ちが良い、と思わせるために利用されているのです。

 

発毛剤を使って、頭皮がべっとりとしてしまえば、また利用したい、とは思いませんよね。

 

しかし、育毛効果・発毛効果とは全く関係ないので、このような使い方をされているのは実際の目的としてはかけ離れているわけです。

 

三つ目については、アルコールには消毒機能がある、といったことから使われているわけです。

 

しかし、そもそも発毛剤には、抗菌作用や殺菌作用がある成分が含まれています。

 

アルコールがこの目的として含まれている理由はあまりありません。

 

 

■アルコールがお肌に与えてしまう影響とは?

 

・お肌に刺激を与えてしまう可能性あり

 

発毛剤に、仮にアルコールが高濃度で配合されている場合には、お肌の刺激となってしまいやすいです。

 

特に注意したいのが、乾燥肌と敏感肌です。

 

アルコールの影響で、かえって頭皮の乾燥を促進させてしまう可能性があります。

 

敏感肌の場合は、アルコール自体が刺激物となってしまうのです。

 

肌が弱いと自認しているのであれば、ノンアルコールタイプの発毛剤を積極的に利用してください。

 

 

■まとめ|アルコールを含んだ発毛剤はなるべく利用しない事

 

・アルコールフリーがおすすめ!

 

必ずアナタの頭皮に悪影響が出るわけではありません。

 

しかし、アルコールの影響で、お肌に問題が出てしまう可能性も少なからずあるのです。

 

そのリスクが薄毛を促進させてしまうかもしれません。

 

最近ではアルコールフリータイプの発毛剤も増えてきました。

 

よりリスクの少ないタイプを利用したいのであれば、アルコールが入っていないものを選びましょう。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓