化粧品成分?発毛成分?酢酸トコフェロールについて

酢酸トコフェロールは、化粧品も含まれているケースが多いですし、発毛剤に具組まれていることもある成分です。

 

こちらでは、酢酸トコフェロールが髪の毛にどんな作用をもたらしてくれるのか、といったことをお教えします。

 

酢酸トコフェロールが含まれている育毛剤を利用している、利用しようと思っている、といった方は必見ですよ。

 

 

■酢酸トコフェロールの注目機能:抗酸化作用

 

・お肌に対する有効な作用あり

 

頭皮も立派なお肌であり、老化してしまいます。

 

顔の肌のようにし合わが出来たり、といったように見えやすいような老化現象は出てきませんが、保湿機能がなくなったり、といったこともあるのです。

 

頭皮のアンチエイジング、といったことも育毛・発毛では重要な事なんですよ。

 

酢酸トコフェロールには、抗酸化作用が認められています。

 

抗酸化作用とは、すなわちアンチエイジング作用なのです。

 

頭皮の劣化を防ぎ、若々しい状態に保ちます。

 

頭皮が参加してしまうと、さまざまなマイナスの状況が考えられます。

 

皮脂や汗などが頭皮上で参加してしまうと、やはり皮膚にも大きな負担をかけます。

 

また、頭皮のきつい臭いを発生させてしまうことも考えられるのです。

 

頭皮や皮脂、そして汗が酸化しないように積極的に対処してくださいね。

 

 

■酢酸トコフェロールの注目機能:血行促進作用

 

・血液の流れを良くし、髪の毛の成長を助ける

 

ビタミンに血行促進作用があることは驚きかもしれませんが、事実です。

 

酢酸トコフェロールはビタミンEのことなのですが、実際に血管を拡張して、血液の流れを良くする機能が認められています。

 

頭皮の血行が良くなると、2つの効果が期待できます。

 

・髪の毛に栄養が送られることで、髪の毛自体が太くなったり長くなったりする
・頭皮に栄養が送られることで、頭皮環境が改善する

 

血液の流れが悪くなると、さまざまな悪い状態が現れてしまいます。

 

その状況を打破する力が酢酸トコフェロールにはあるのです。

 

ちなみに酢酸トコフェロールには美白効果もあります。

 

血行を良くすることで、皮膚のターンオーバーの感覚が短くなるわけです。

 

古い角質が除去されやすくなり、結果的に白い美しい肌がゲットできるわけです。

 

 

■なぜビタミンEと表記するのではなく酢酸トコフェロールと表記しているのか?

 

・ビタミンEをより良い状態にしているため

 

酢酸トコフェロールの正式名称は、ビタミンE誘導体です。

 

ビタミンEはそのままだと、機能が安定しません。

 

浸透力も悪いですし、劣化しやすいのです。

 

そこでビタミンEを加工して、酢酸トコフェロールにします。

 

その結果、浸透力が増し、劣化もしにくくなります。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓