発毛剤に含まれるグリシンに役割を徹底調査してみた!

グリシンと呼ばれる物質が、発毛剤に含まれているケースが散見されます。

 

あまり知られていないこともあり、その効果効能を把握している方は多いのではありませんか。

 

グリシンは発毛剤の中でも大きな役割を果たしているのです。

 

こちらでは、実際にどのような効果効能があるのか、といったことを詳しく解説させてもらいますね。

 

 

■頭皮のコラーゲンに良い働きがある!

 

・頭皮の乾燥を抑制させる効果あり

 

そもそもグリシンは、皮膚内のコラーゲンに多く利用されているのです。

 

皮膚にあるコラーゲンの30%がグリシンで構成されているほどなのです。

 

コラーゲンは頭皮の潤いにも大きく関わります。

 

例えば、乾燥肌で悩んでいる方も多いでしょう。

 

そんな方はコラーゲンが減っている可能性が極めて高いわけです。

 

頭皮の乾燥は育毛にも悪い影響を与えてしまいます。

 

髪の毛の土台は健康的でなければなりません。

 

グリシンを摂取することでコラーゲンも積極的に生成され、皮膚の中にも量が増えてくる、と考えられるわけです。

 

頭皮にうるおいが戻ることで、結果的に頭皮の環境が改善し、髪の毛が圧倒的に生えやすくなるのです。

 

 

■新陳代謝促進作用あり

 

・細胞の活性化作用に期待!

 

グリシンには、さまざまな効果があるとされています。

 

血液の中に酸素を送りやすくする
筋肉運動を活性化する
抗酸化作用を高める

 

このようにアンチエイジング的な機能も期待されているわけです。

 

これらの効果が高まることによって、成長ホルモンが多く分泌されることもわかっているのです。

 

成長ホルモンが積極的に分泌されるようになると、皮膚の状態も良くなります。

 

ターンオーバーが促進されるわけです。

 

さらに髪の毛の生成スピードも早くなる可能性があり、新陳代謝も活性化作用は育毛に大きく関わっているのです。

 

 

■抗菌作用あり

 

・頭皮の炎症を抑える

 

頭皮に炎症が起きる原因としては、菌の大量繁殖があります。

 

皮脂など、菌にとっての餌が大量分泌されてしまうと、どんどんと菌が繁殖し始めてしまいます。

 

皮膚は一定量の菌であれば対応できるのですが、増えすぎてしまうとお手上げです。

 

菌の刺激に晒されすぎると、お肌がその状況に耐え切れなくなり、結果的に炎症を引き起こしてしまうのです。

 

そこで注目して欲しいのが、グリシンによる抗菌作用です。

 

菌の繁殖を抑える作用があるので、頭皮の状態を保つ機能があるのです。

 

頭皮環境の悪化が心配な方はグリシン入りの発毛剤を積極的に活用しましょう。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓