発毛成分「t-フラバノン」を徹底調査してみた!

発毛剤には、有名ではない成分がたくさん含まれているのです。

 

その成分の一つにt-フラバノンがありますが、果たしてどんな機能を持っているのでしょうか。

 

発毛効果はあるのでしょうか。徹底的に調査してみました、

 

 

■髪の毛の成長を促進させる効果あり

 

・髪の毛のサイクルに影響を与えられる

 

髪の毛のサイクルは、成長期→退行期→休止期と言った流れを持っています。

 

これを何度も繰り返しているわけです。

 

しかし、薄毛の人は基本的に、成長期が極端に短いのです。

 

存結果、短いスパンで髪の毛が抜けるので成長しきる、といった状態になりません。

 

髪の毛は細くなりますし、短くなってしまうのです。

 

その結果、地肌が露出してしまいます。

 

薄くなるのを防ぐためには、成長期感を延ばすことです。

 

成長期感を正常化させれば、髪の毛が一気に回復することも十分考えられるわけです。

 

そこでt-フラバノンの出番となります。

 

t-フラバノンには、TGF-βと呼ばれる物質を抑制させる効果が有るのです。

 

TGF-βですが、髪の毛を退行期に導く因子なのです。

 

その物質が多くなってしまうと、髪の毛が次々と退行期に向かってしまい、成長期が短くなってしまいます。

 

t-フラバノンがあれば、TGF-βの発生を抑制します。

 

その結果、髪の毛が休止期へと向かいにくくなるのです。

 

結果的に、髪の毛が最後まで成長し切るようになります。

 

髪の毛が太くなったり、長く成長するようになり、地肌の露出が減ってくる、といった効果が期待できます。

 

 

■実際に効果も確認された!

 

・洗髪時の抜け毛本数の調査について

 

t-フラバノンの研究は様々な角度から行われているのですが、脱毛本数比較も実施されています。

 

t-フラバノン利用前と、利用後では、明らかに洗髪時の脱毛本数が減ったのです。

 

その効果は2ヶ月後にはすでに現れており、6ヶ月間の継続調査中、ずっと減り続けているのが分かっています。

 

t-フラバノンを利用することで、髪の毛が脱毛しにくくなる、といったことが証明されたわけです。

 

 

・髪の毛が太くなった!

 

薄毛は産毛のように髪の毛が変質することによって症状が現れてきます。

 

仮に産毛が太くなれば、薄毛から復活することも出来るのです。

 

t-フラバノン含油の育毛剤を塗布した所、髪の毛が太くなる、といった現象が確認されています。

 

なんと、10%ほど太くなったと確認されているのです。

 

コラーゲンを飲む実験でも10%髪の毛が太くなったケースが有ったのですが、同等の効果がt-フラバノンにある、と考えられるわけです。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓