ビワ葉エキスに期待できる発毛効果を調べてみた

ビワ葉エキスには様々な育毛効果がある、とされているのです。

 

その結果発毛につながるとのことで、幾つかの発毛剤にも実際に含まれているのです。

 

こちらではビワ葉エキスに期待できる発毛効果を解説します。

 

一体どんな効果をもたらして、薄毛の解消に役立ってくれるのでしょうか。

 

 

■髪の毛に関わる細胞を増殖してくれる

 

・毛乳頭細胞にも作用あり

 

我々の髪の毛には毛乳頭細胞と呼ばれているものもあります。

 

その細胞が弱ってしまうと、薄毛につながってしまうこともあるのです。

 

しっかりと対処しなければなりません。

 

その毛乳頭細胞ですが、ビワ葉エキスがあることにより栄養が積極的に供給されるようになるのです。

 

血液から栄養が補給されることで、細胞の働きは活性化します。

 

髪の毛も積極的に作られるような状態となるわけです。

 

毛乳頭細胞は髪の毛の大元といっても過言ではありません。

 

そんな細胞を増殖させる機能がビワ葉エキスにはあるのです。

 

 

■髪の毛の成長を助ける因子をサポートする

 

・FGF7を増加させる機能あり

 

髪の毛には成長を促す因子が大きく関わっています。

 

その髪の毛の成長因子のことを、FGF7とよんでいるのですが、髪の毛の成長期を伸ばしたり、髪の毛の成長速度を延ばす、といった効果があるのです。

 

FGF7を増やしてやれば、当然薄毛のリスクは大幅に減るわけです。

 

髪の毛復活への道も出来ることになります。

 

ビワ葉エキスを利用して、髪の毛の成長因子をサポートしましょう。

 

 

■ジヒドロテストステロンを抑制する

 

・男性型脱毛症の根本原因に対処できる

 

男性型脱毛症はAGAと呼ばれているわけですが、体内にある5αリダクターゼが大きく関わっています。

 

その物質が、睾丸から分泌されたテストステロン(男性ホルモン)と結合してしまいます。

 

その結果、ジヒドロテストステロンと呼ばれる物質を生み出してしまうのです。

 

ジヒドロテストステロンは、髪の毛の成長を抑制するなど、AGAの根本原因です。

 

その物質を作らないようにするのが、AGAの唯一の解決方法とされています。

 

ジヒドロテストステロンですが、ビワ葉エキスには抑制効果があるのです。

 

ジヒドロテストステロンを創りだす、5αリダクターゼの抑制効果があるとされているからです。

 

5αリダクターゼの働きが弱くなれば、テストステロンとの結合量も少なくなります。

 

生み出されるジヒドロテストステロン量も少なくなるわけです。

 

ビワ葉エキスは体の内部にも作用するわけですが、特に危険性は報告されていません。

 

安心して利用してくださいね。



おすすめ記事※今人気の注目発毛剤口コミレビュー↓↓